jrsoftware.org // Jordan Russell's Software
-Home

製  品

-Inno Setup


-Toolbar2000

-Toolbar97

-StripReloc

-その他...

サポート

-ニュースグループ

-連絡先

Inno Setup知識データベース

Inno Setup知識データベースには付属文書やFAQに含まれていない追加の情報を納めています。
(訳注:以下に示す情報は,2004年4月6日時点のスナップショットです。最新の情報に関しては,こちらをご覧下さい。)

バッチファイル(.bat)を実行する方法

記事作成: 2003-10-17 05:22 GMT by Jordan Russell
最終更新: 2003-10-24 01:55 GMT by Jordan Russell


Inno Setup 4.0.9及びそれ以降のバージョンでは,[Run]セクションのエントリで Filename パラメータに直接ファイル名を指定することにより,バッチファイルを実行できます。

[Run]
Filename: "{app}\YourBatchFile.bat"

注: Windows 95/98/Meでバッチファイルの実行が終了した後もコンソールウィンドウが残るなら,バッチファイルの最後に"CLS"コマンドを追加してください。

これ以前のバージョンのInno Setupでは,バッチファイルを実行するのに推奨された方法は次の通りでした:

[Run]
Filename: "{cmd}"; Parameters: "/C ""{app}\YourBatchFile.bat"""

Site contents Copyright © 1997-2004 Jordan Russell. All rights reserved.

Current category: Alphisation - Misc > Documents > Inno Setup, ISTool, ヘルプファイルの日本語化 | Salvaged by: Nardog